研究のテーマ

精密高分子成形加工による新たなものづくり研究

 近年,マイクロスケールやナノスケールの超微細加工技術が注目され,微細表面構造,マイクロギアやマイクロ機械部品などの高付加価値・高機能プラスチック成形部材の開発が活発に行われています。これら基盤部材は,医療分野,電子・情報通信分野,ロボット分野等と幅広く適用されることが期待されています。
 当研究室では,マイクロ・ナノスケールの成形加工に着目し,射出(圧縮)成形,ナノインプリントやキャスト法により, 超薄肉成形,マイクロ・ナノ表面構造体の成形,極微小成形品,機能性フィルムの成形加工などについて検討しています。 また,このための最適な装置開発,システム開発やCAEなどを提案しております。
 従来のプラスチック成形技術からのトップダウンアプローチ,高分子材料の自己分解,自己組織化,結晶化,分子配向などに着目した,ボトムアップアプローチにより, 様々な加工特性と,高分子デバイス化についても研究を行なっています。

●超微細・微小成形品(マイクロ・ナノスケール成形品)の開発

ナノ微細転写成形例
(光の波長程度の微細パターンにより干渉色が見られます)
微小円盤成形特性
(世界最小の光ディスクを目指して・・・)
ナノコンポジット材料の
マイクロ微細転写成形
プラスチック製品の医療分野への応用
(微細ニードルアレイをプラスチック表面に加工)
ナノスケールの高分子ロッドや繊維加工
(精密成形加工によるナノ繊維を有するフィルムの作製など、新加工プロセスの提案と表面機能化の基礎研究を行っています)

PAGETOP